ルート871 柳井市地域おこし協力隊ブログ

協力隊に興味を持つ人や地域資源の情報を提供しています

中電エネルギアランドってどんなとこ?

山口トラベルアプリってアプリがあるんですが、その中で紹介されていた中電エネルギアランド。

 

電力会社の一施設がなんで観光施設として紹介なんだろ?

って思って見学してきましたよ。(600字)

 

【目次】

 

 

アクセス

 場所は中国電力柳井発電所内。

会社の中だし、ほんとにここでいいの?って思いながら進むと敷地内の看板にちゃんと書かれていました。

f:id:nc20-1005482:20171020131725j:image

最寄りの駅は柳井港駅ですが、車での移動がおススメですね。

f:id:nc20-1005482:20171019170718j:plain

 

 

 

施設内

1階と2階にわたり、

  • エネルギーについて学ぶコーナー
  • 体感できるわくわくアスレチックスペース

があります。

(参照:柳井発電所エネルギアランド|山口エリア情報|中国電力

 

 

エネルギーについては切っても切れない地球温暖化原子力発電の仕組みが模型を使ってわかりやすく紹介されます。

f:id:nc20-1005482:20171019171025j:plain

 

個人的にはアスレチックスペースがお気に入り。

f:id:nc20-1005482:20171019171210j:plain

揺れを感知する一本橋、最大12ケタの数値を覚える記憶力ゲーム、自転車発電といったものがあります。

f:id:nc20-1005482:20171019171649j:plain

(上写真)速さと揺れで得点が出る一本橋。どういった仕組みか不思議です。

 

感想

伺った日(木曜午後)は、施設見学の団体と子供連れが2組いらしてました。

観光施設として紹介されていますが、個人的には近隣の方が遊びながら電気の事を学ぶのに適した場所かなと感じました。

 

1歳ちょっとの自分の子供にはまだ早いかなと思っていましたが、話を伺った2歳の子供も楽しめているようでした。

もちろん大人も楽しめます。

f:id:nc20-1005482:20171019170943j:plain

 

あと、館内はイタリアの家具メーカー、カルテル社のイスがあったりと少しまったりできる点も良かったと思います。

f:id:nc20-1005482:20171019171121j:plain

 

うちの子もエネルギアランドデビューさせて理系女子に仕上げたいもんです。

f:id:nc20-1005482:20171020131916j:image

※一応、女の子 

 

では、またー。

 

 

 

鯛ちょうちんって何だ!?

 RED SNAPPER LANTERN

英語表記すると何となくカープを彷彿とさせますが、

今回は鯛ちょうちんのお話です。(700字)

f:id:nc20-1005482:20171019161155j:image

 

鯛ちょうちんとは

 

柳井市金魚ちょうちんが有名ですが、実は大畠地区には鯛ちょうちんなるものが存在します。

昭和56年に誕生したようです。

社協だよりを一部引用すると

柳井に、金魚、下関は、ふぐ、それではひとつ大畠には鯛提灯をと、金魚ちょうちんを作る老人クラブの間で話がもりあがり・・・

(中略)

鯛形等にいろいろと構想が練られたが、中々満足いくものができずにいた。(以下略)

 

大畠地区は鯛の好漁場としても有名ですからね。

 

金魚ちょうちんと鯛ちょうちんを比較してもらうと分かり易いと思うんですが、形状が鯛ちょうちんの方がより楕円形をしていることがわかります。

f:id:nc20-1005482:20171019105345p:plain

f:id:nc20-1005482:20171019105700p:plain

 

復活の鯛ちょうちん

 実はこの鯛ちょうちん一度、生産が途絶えていたそうです。

平成26年の俄祭り

” 鯛ちょうちんをつくって祭りを盛り上げたい”

という想いから復活したそうです。

 

余談ですが、今でこそ金魚ちょうちんは柳井市内で見かけますが、これも戦後途絶えかけた歴史があるそうですよ。

 

 

鯛ちょうちんの製作体験

実は月2回限定で、製作体験ができます。

  • 日時:第一と第三水曜の午前中(2-3時間程度)
  • 場所:大畠総合センター
  • 参加費:なんとタダ!!
  • 問合せ先:大畠総合センター内「大畠うずしお会」事務局
  • 電話:0820-45-3211

 

体験は事前に組まれた竹ひごに和紙を貼り色づけするもの。

竹ひごの都合などもあるので、まずはお電話を。

シラキチは11月15日に行ってみようと思います。

 

では、またー

 

柳井まつりの準備~花傘の補修~

今日は柳井まつりの花傘の補修を行いました。(850字)

f:id:nc20-1005482:20171018164530j:image

 

【目次】

 

 

そもそも、柳井まつりって??

昭和30年12月に「農村感謝祭」として行われたのが始まりで、昭和43年に柳井音頭の手踊りから、最大のみどころである「花傘おどり」が始まったそうですよ。

(参照)

柳井まつりの沿革 - 柳井市ホームページ

 

いつ?どこで?

  • 開催日:11月23日
  • 場 所:柳井駅~バタフライアリーナ

三輪車レースなど協賛イベントも多々ありますが、今年はどんなものがあるかまだ公表されていないので後日発信していけたらなと思います。

 

花傘の補修

正直、とても地味な作業です。

傘を開き、外れたストッパーを修繕したり

 f:id:nc20-1005482:20171018164548j:image

 やぶれた部分を補修したり、

 f:id:nc20-1005482:20171018164609j:image

この3日間で250本近くの補修を行うものでした。

事務局である商工会議所の方は今日までずっと作業に追われていました。

 f:id:nc20-1005482:20171018164521j:image

   

さいごに

自分も修理を手伝って思う事はひとつ。

すっごく大変です。

花傘1本が実は偉いお札1枚ぐらいに相当するので、修繕に修繕を繰り返し、本当に大事に使いまわしています。

 

そこで協力隊としてヨソモノ目線を述べさせて頂くと、

  1. まず、祭り時は大事に扱ってほしい。
  2. 地区の祭りだから協働で修理する仕組みが作りたい。

 

1に関しては、花笠おどりをする方の中に自分のブログを読んでくれた人がいたら、

「大事に扱わんといけんで!!」

・・・と周りの人に呼びかけてもらえるとうれしいです。

 

2に関しては、せっかく歴史あるいいお祭りだから修繕も含めてみんなでできないかなぁという想いです。

シラキチが以前住んでいた地区では、道具のメンテナンスも自分達で行っていました。

単純に祭りが好きだったという事もあるのですが・・・(^^;)

 

以下のようなコラムがあるくらいイベントには良くない面もあります。

みんなの祭りとしてより長く続けられるように何か手が打てないかと考えております。

toyokeizai.net

 

では、またー。

 

市民活動パワーアップ講座~伝わるチラシの作り方~

今回は先日行われたやない市民活動センター主催の

市民活動パワーアップ講座~伝わるチラシの作り方~の参加報告です。(850字)

 

(目次)

 

 

はじめに

講師はNPO法人市民プロデュースの小柳さん。

地域おこし関連のワークショップで何度かご一緒させて頂いていますが、

”分かり易い”ことと”主体的に考えさせる”ことが上手な方です。

今回は自分が作ったチラシの添削だけでなく、作りのヒントを学べるということで楽しみにしていました。

 

内容を一言で表すと

誰に・何を・どう・伝えるか

 ということになりますが、簡単にまとめてみました。

 

内容①:誰に(ペルソナの設定)

誰に伝えたい内容かという点ですが、

陥りやすいのは対象を万人にすることだそうです。

 

こんな例え話をされていました。

大勢の人がいる中で、”すみません”と声をかけても誰も足を止めません。

f:id:nc20-1005482:20171017181145p:plain

でも、”そこの20代の女性の方すみません”と声をかければ何人かは自分のことか思い足を止めてくれます。

 

つまり、みんなに見て欲しいでは、誰も注意をひかないという訳です。

 

ターゲット設定では必ずペルソナという単語を耳にします。

紹介しきれないぐらい長いですが、面白い理論です。

自分がざっと目を通した中で分かり易いと感じたサイトを紹介しておくので興味ある方は是非。

blog.kairosmarketing.net

 

 

内容②:何を

ターゲットにとって必要な情報の洗い出しをしていくことになります。

例えば、電話番号ひとつにしても、市外の人をターゲットしているのに市外局番がないのでは自分本位な伝え方かもしれませんね。

 

 

内容③:どうやって

この内容が深かったというより、デザイン手法の深淵を垣間見たような感じです。

色選びだけでなくフォントサイズまでデザインのプロは意識されているそうです。

ポイントは

  • 見出しや重要な部分は大きく。
  • 色は少なく(同系色は4色、反対色があると2色に留める)
  • 無駄な情報は省く

 

さいごに

 

以前作成した金魚ちょうちん製作体験のチラシもチェックして頂きました。

後日、変更版をお披露目しますよ。

f:id:nc20-1005482:20171017180521p:plain

 

では、またー

 

いま、蘇る幕末維新~月性生誕200年企画パート6に参加しました。

 以前にも参加した柳井ひとづくりセミナー

nc20-1005482.hatenablog.com

 

台風の影響で10月14日に延期になったものに参加してきましたよ。

 

f:id:nc20-1005482:20171016232104p:plain

はじめに

以前のブログではシラキチは高校時代、歴史が苦手だったことを紹介しています。

そのため、歴史の講演は少し足が重いんですが、今回はちょっと違います。

 

その日の午前中に月性展示館に行ったことも一因かもしれませんが、

気分が軽いのは今回のタイトル。

 

漢詩の中の月性~そのたぎる思い、そして寂寞

 

実は国語の中でも漢詩は得意でした。

故事成語はためになる内容で面白かったですしね。

 

感想

前置きが長くなりましたが感想です。

 

毎日書いた漢詩

月性さんは若かりし頃、毎日のように漢詩を書いていたそうで、

それを歳月がたった後、改めて見直すとつたなさに自身で嘆いたそう。

f:id:nc20-1005482:20171016232159j:image

 

シラキチのブログも読み直すと、・・・(--;

 

続けること、見直すことって何事においても重要ですね。

 

漢詩でつづった内容

月性さんの若かりし頃、毎日のように綴った漢詩故事成語の紹介であったが多かったそうです。

漢詩としての芸術性よりも呼びかけに近い物だったようです

 

晩年

晩年はどちらかというと少し弱気な感じの文面になっているそうですよ。

昨日のブログでは月性さんの肖像画を紹介していますが、

今の自分は自画像のころのような勇猛果敢さはないという文面もあるそうです。

 f:id:nc20-1005482:20171016232313j:image

 

案外、晩年はこのように落ち着いていたのかもしれませんね。

f:id:nc20-1005482:20171016232323j:image

 

  

さいごに

心理学の用語でゲイン‐ロス効果というものがあるそうです。

例えば今日のような雨の日に、一匹狼みたいなヤンキーが濡れた子犬を抱き上げる姿に胸キュンしちゃうのがそれです。

低めに評価していたものの方が、良い側面を見ると高評価をつけたくなるそうですよ。

 

月性さんってお坊さんで刀にヒゲなんで少し得体の知れなさがあったんですが、何か少し親近感の沸いた講演になりました。

f:id:nc20-1005482:20171016232546j:image

 

では、またー

 

 

古地図を片手にJRウォーク

昨日は午前中JRウォークに行ってきましたよ。

柳井港駅から徒歩で月性展示館へ向かいます。

f:id:nc20-1005482:20171015203715j:image

途中、今歩いている場所は古地図のどの辺りか、昔は何があったといったことを知りながら歩きます。

f:id:nc20-1005482:20171015203736j:image

 

月性展示館

f:id:nc20-1005482:20171015203758j:image

坊主頭に無精髭の月性さんの自画像とは別に僧侶らしい姿のものもあります。

f:id:nc20-1005482:20171015203903j:imagef:id:nc20-1005482:20171015203923j:image

 

前者のイメージが強い月性さんですが、どちらが本来の姿でしょうねー。

 

ココがスゴイ!

なんと大正時代の映写機があります。

全国でも指折りの珍しさとそうですよ。

f:id:nc20-1005482:20171015204109j:image

 f:id:nc20-1005482:20171015204121j:image

 

さいごに

月性さんの功績を世に伝えるため自主制作された映画を館内で観ることが可能だそうです。

f:id:nc20-1005482:20171015204200j:image

古いフィルム映画をDVDにしたもので編集して40分程度になってるそうなので全部みてみたいですねー

f:id:nc20-1005482:20171015204226j:image

 

では、またー

 

 

 

 

柳東秋祭り

今日はJRウォークや講演で月性さんのことを色々知れました。

…が、今回はその合間に行った柳東秋祭りを紹介。

何故かというと明日もあるからですよ(^^)

 

基本情報

実は案外少なかったので簡単に紹介します。

  • 10月14日、15日開催
  • 柳東小学校、ルンビニ保育園、柳東文化会館
  • 15日は柳東文化会館のみ

 

感想

(柳東小学校)

なかなかの賑わいです。 

f:id:nc20-1005482:20171014222634j:image

お金をかけないアイデアもステキ

f:id:nc20-1005482:20171014222843j:image

おにぎりは12時で完売。焼き鳥炭火で美味しそうでしたよ。

 

(ルンビニ保育園)

展示のクオリティが高い!

f:id:nc20-1005482:20171014222703j:image

※子供の体験教室もあり、来年はうちの子供も連れて行きたいですねー。

 

柳東文化会館

f:id:nc20-1005482:20171014222729j:image

こちらは本日は展示がメイン。

f:id:nc20-1005482:20171014222745j:image 

スマホを目安に置いてみましたが、腹にこれだけの量。

サイクリング2.5日分で消化だそうです。

 

さいごに

 

職員の方(?)が元トライアスリートのようで習字教室PRしてねーとのこと。

ほんとはもっと色々紹介したい、柳東秋祭り。

すんません、子供の寝かしつけのため今回はこれにて。

 

では、またー